お砂糖ひとかけ

拗らせジャニヲタ徒然帳。

「好き」が詰まった2時間半

※WESTival公演内容についてがっつりネタバレします。嫌な方は回れ右でお願いします。

 

 

というわけで、WESTival横浜公演に行ってきました。感想を一言で言うと、「体感5秒のジャニーズWEST好きなところまとめ」って感じ。今まで入ったどのコンサートよりも時の流れが速く感じたし、WESTの好きなところがぎゅぎゅっと詰まっていました。

実は私、前情報として乗り越しラブストーリーの情報だけ仕入れていたんです。なので、重岡担としての一番の山はここだろうと踏んでいました。

でもいざ入ってみると山場だらけで。乗り越しの良さが際立つわけでもなく、どの曲も甲乙付け難い良さがありました。

そう感じることが出来た理由の一つとして、「偶像と理想の一致」というものが挙げられると私は思っています。

つまり、私の思い描いている重岡くん、私の求めている重岡くんに彼が表現するアイドル重岡大毅というものがピタッとはまった気がしたんです。

今回の重岡くんは今まで見た中で一番好きな重岡くんだった。歌も、ダンスも、ビジュアルも何もかも。

本当は一曲一曲、こういうところだよな〜しんどい!とか言いながら説明したいんですけど、長ったらしいうえに需要ゼロだと思うので、今回は「Evoke」「乗り越しラブストーリー」の2曲に焦点を当てたいと思います。

 

Evoke

ご存知、エンターテイナー神山智洋によるセルフプロデュース曲。終始ガッシガシ踊るWESTに唖然としてしまいました。

メンバーが携帯をそっ閉じして無かったことにしたがるほどのハイレベルなダンスが魅力のこの曲。

神ちゃんがしごいてくれたおかげで、重岡くんのダンスが変わりました(私感)。重岡くん最近ダンス緩くない?Jr.の時はもっとシュバッて踊ってなかった?って思ってた矢先だったので、本当に嬉しかったです。

SHOCK MEを踊ったあの頃くらいの記憶が蘇ったのかな?そう思いたくなるくらい、WESTivalの重岡くんのダンスはJr.の頃に近づいていました。でもこれは退化じゃありません、進化です。昔よりも圧倒的に表現力の幅が広がっていましたから。

ここで一応申し上げておきますが、こんな偉そうなことを言っておきながら私はデビュー後に彼らを知ったタチです(笑)昔の映像は某動画サイトで観ただけなので、トンチンカンなことを言っているかもしれませんね。すみません。 

私はガシガシ踊る重岡くんの、風を切るような静かなダンスが好きなんだってことが言いたかったんです。だから、それを呼び起こしてくれた神ちゃんには頭が上がりません。ありがとう、神ちゃん。

 

乗り越しラブストーリー

 これは言うまでもなく、重岡くんの好きなところが詰まりに詰まっていた曲です。

まず、表情。はじめの方は歌詞に合わせて切なそうに歌ったり、愛おしそうに歌ったりっていうのもありながら緊張の色が強かったんです。でも、次第に楽しい気持ちが勝ってきたのか、最後の方なんかは目をつぶったりニコニコしたりしながら楽しさを噛みしめるように歌っていて。そういうところ、重岡くんだよなあと思いました。24魂ドキュメンタリーで言ってた「生きてるぞー!ってやりたい(笑)」っていうのがここにも表れているんですね。

次に、音色。出だしの和音、伴奏のあたりは男らしさ全開で一音一音力強く弾きあげる。なのに間奏のピアノソロになった途端、泣きたくなるくらい優しくて繊細な音を奏でるんです。この対比が重岡くんそのものを表しているようで涙が出そうになりました。

たぶん、「僕を待つ〜」のところって主人公の弱さみたいなものが出てくる部分だと思うんです。だからこそ自分の弱さとか繊細さみたいなものを歌詞とリンクさせて、ピアノの音色という形で届けてくれたのかなと思うんです。

重岡くんって時々、自己肯定感の低い姿が垣間見えるじゃないですか。端的に言えば、あれと同じ感覚なのかなと思います。

でもやっぱり、弱さを見せるのって恥ずかしい。だからグリッサンドとかそういう飾りをつけることで恥ずかしさを誤魔化していたのではないでしょうか。グリッサンドは照れ、優しい音は弱さ。だから重岡くんのピアノってこんなにも人の心を打つのかなと思いました。

 

 

この2曲を通して私が伝えたかった重岡くんの良さとは、簡単に言えばダンスとエモさです。私が好きな重岡くんは、険しい顔をしながら風を切るように無音に近いダンスをする人でした。「楽しい」という気持ちを人一倍素直に表現してくれる人でした。

だから私は、ご無沙汰していた前者の重岡くんが進化した形で戻ってきて、大好きな後者の重岡くんがいつもと変わらない姿でステージの上に居る。そんな光景がたまらなく嬉しかったんです。

2時間半を通して重岡くんが私達に見せてくれた姿は「私の好きな重岡くん」という型にピタリとはまっていました。だから、なんの悔いもありません。

私のコンサート現場は、おそらくこれが今年最後です。でも寂しくなんてない。今までで一番の「アイドル重岡大毅」を目に焼き付けることが出来たから。

重岡くん、そしてWESTちゃん。幸せな時間をありがとう。また来年、笑顔で会えるように頑張ります!